三國犬猫科医院・動物眼科アイのフィラリアとフィラリア症予防

フィラリアとフィラリア症予防

フィラリアは犬の体内に入っても害を及ぼす成虫となる前に駆除することでフィラリア症を予防できます。まずはフィラリアはどんなものなのか?三國犬猫病院でご用意している予防薬も含めご説明いたします。

フィラリア(犬糸状虫)とは?

蚊が媒介する血管内寄生虫です。フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊の体内で幼虫が育ち、その蚊が他の犬を刺す事で感染します。幼虫は犬の体内で成虫へと成長し、主に肺動脈(肺と心臓をつなぐ太い血管)に寄生し、子供(ミクロフィラリア)を産みます。

フィラリア症(犬糸状虫症)とは?

フィラリア(犬糸状虫)の寄生により、心臓や血管はもちろん肺や腎臓・肝臓にも障害がもたらされます。症状は「疲れやすい・元気が無い・食欲がない・咳が出る・尿が赤くなる・腹水がたまる(お腹が張る)」など様々ですが、突然死亡してしまうこともあります。

フィラリア症の予防

札幌市でのフィラリア症の予防期間は6月上旬~11月上旬が目安となりますが、ワンちゃんの周りの環境(自然が多い場所・虫の多い川の近く)や、その年の気温などによって変動があります。詳しくは獣医師にご相談ください。

フィラリア症の予防において特に注意が必要なのは、シーズンの最後に投与する薬です。現在のフィラリア症予防薬の多くは最後の薬を蚊が見られなくなってから1ヶ月後に投与する事により高い予防効果が期待できます。「もう蚊は飛んでいないから・・・」と最後の薬の投与をしないということのないようにしましょう。※逆に投与が遅くなりすぎても効果は下がります。

各フィラリア症予防薬をご用意

当院ではワンちゃんそれぞれの性格やライフスタイルに合わせて、様々なタイプのフィラリア症予防薬をご用意しています。お気軽にご相談ください。また、マダニ寄生予防薬についてもご相談ください。

三國犬猫科医院に電話する 動物眼科アイに電話する

三國犬猫科医院へのアクセスはこちら

  • 三國犬猫科医院|動物眼科アイ
    〒060-0006
    北海道札幌市中央区北六条西25-1-15
    三國犬猫科病院 011-621-0711
    動物眼科アイ  011-621-3923
  • 日程表
  • 三國アイマップ